江戸時代の料理「揚げ出し大根」を再現してみた感想

江戸の食文化 レシピ

こんにちは。ああすけです。
江戸時代はグルメだったことをご存知でしょうか?

 

江戸時代に砂糖や醤油が普及して料理の幅が広がり、後期には天ぷらや蕎麦などの外食が普及してきました。

 

もちろん、今も残るようなレシピが沢山あります。

最近、夫もやたら「江戸時代の料理」みたいな本を読み漁っていて、ここはひとつやってみるかということになりました。

 

そんな訳で江戸時代の再現料理を作ってみましたので、食べた率直な感想を載せていきます。

スポンサーリンク

揚げだし大根を作ってみた!

私が学生時代に大学の先生が江戸時代の料理本を見せてくれて、とても印象に残っている料理がありました。

 

揚げだし大根

 

大学の教授も、
数あるレシピの中でも「これはなかなか美味しかった」と太鼓判を押していたことを今でもしっかり覚えてます。

 

大根揚げるなんて考えたこともなかった。
水分の多い大根、揚げるとどうなるのか…?

 

 

いつか絶対やってみようと思いつつ、時は流れに流れたが、

遂にその日がやってきた…!

 

そんな大きな期待を背負った揚げ出し大根を作ってみることにします!!

 

大根を油で揚げて、こんな感じ。

揚げ出し大根①

 

めんつゆをかけて頂きます!!!

 

 

 

 

 

 

…うん、大根だな。

 

水煮の大根に油塗ったらこんな感じよね、みたいな。

 

 

大根だな。(二度目)

それ以外の感想が見当たらない。

 

 

 

 

 

 

 

 

…いや、待って!?

先生、なかなか美味しいって言ってたよ?!

それってほら、予想以上に美味しいという感想を持つときに使う言葉だよ?!

 

学生時代からの大きな期待どこに向けたらいいの?!

 

はっきり言って美味しいとは言えないよ?!

 

こんな「大根だな」なんて、もはや味の感想じゃなくて、分かり切ってる素材を言い当てただけだよ?!

 

 

 

嘘だ!!

こんなの絶対嘘に決まってる!!

誰か嘘だと言って!!

 

 

改めて「大根一式秘密料理箱」の原文を見直したら全然違った!

予想以上に(ある意味なんのひねりも無い予想通りの味に)落ち込みつつも、諦めきれずに再度「大根一式秘密料理箱」の揚げ出し大根の原文を調べました。

○「揚げ出し大根」調理方法の記述
揚出大こんの仕方
『これは右のごとく少しもかハる事なし、ただし、切かた少し小ぶりにすべし、ごまの油にあげ、すぐに「醤油」をかけ、とうがらし または おろし、大こんを少しをきて、こせうをふりて出す也』

日本食文化の醤油を知る 江戸の外食文化<江戸の味と料理文化>

 

 

胡麻油?!?!???

しかも味付け、胡椒と唐辛子??!??!!

 

全然違うじゃん?!!?

確かにね、揚げだし大根とだけ調べて1番上に出てきたレシピで適当に作ったけどね。

 

道理で「大根だな」以外の感想持たない訳だ~そっかそっか~

そりゃそうだよ、全然再現できてないもん。

 

だって教授、美味しいって言ってたからさ、こんな結果で終わるわけないじゃ〜ん

 

もう、驚いちゃったよ〜☆

 

 

絶対美味しいに決まってるんだよ、揚げ出し大根

 

だって、先生美味しいって言ってたもん!!!

揚げ出し大根を作ってみた!(リベンジ)

既に相当膨らんでいた期待を裏切る結果に到底納得行かず、原文に近いレシピで再チャレンジすることに。

 

ああすけ
ああすけ

気をとりなおしてlet’s cooking!

 

原文では「切かた少し小ぶりにすべし」と書いてあったので薄めに大根を切ってみました。

ごま油オンリーで揚げるのは少々お高くついてしまうので普通の菜種油にごま油を少し加えて作ってみます。

前回よりもしっかりめに色がつくまで揚げました。

 

胡椒と七味をふりかけて完成ーーー!

揚げ出し大根②
(黒いのは胡椒です)

 

なんかカリッとしてそう。

 

では、いただきます。

 

 

 

 

 

 

…うん、大根だな(三度目)

 

しっかめに揚げたとしても、ほぼほぼ水分で出来ている大根にカリッと感は出せるはずもなく…。

 

 

一度食べたからね、そうかもしれないとほんの少し思ってたから前ほどのショックは受けないけどね。

 

まぁ、そうよね。

 

多少ごま油の香りはするけど、大根にかかってる七味と胡椒の味ですね。

 

 

 

 

 

揚げ…なくてもいいかな。大根は。

 

ごま油の香り楽しむなら、ごま油で炒めて、ちりめん雑魚とか小エビできんぴらぽい炒め物にした方が美味しい気がするな。

 

まとめ

学生時代からいつかやろうと夢見ていた江戸の料理、揚げ出し大根。

絶対美味しいはずと信じて疑わなかったあの頃(遠い目

 

大根はね、揚げるんじゃない。

彼には彼の良さが活かせる調理法が沢山ある。わざわざ苦手分野に飛び込む必要はないんだ。

 

 

 

 

でも、もしかしたらまだなんか足りてないのかもしれない…(まだ諦められない)

ああすけ

11歳歳上夫と結婚生活を綴る年の差婚ブログを運営する妻。
結婚2 年目につきまだまだ綺麗な指輪(意味深)
資格:検査技師、栄養士
好きなもの:料理すること食べること、旅行、絵本、夫

ああすけをフォローする
レシピ
スポンサーリンク
シェアする
ああすけをフォローする
ああすけ夫婦のゆるりごはん録

コメント