海遊館のここだけは絶対に外せない見所4選!【解説つき】

旅・イベント

こんにちは、ああすけです。

この度、大阪にある「海遊館」にいってきました!!

 

私も夫も水族館が大好きです。

 

夫と結婚する前、デートといえば水族館で、都内の水族館はもう大体制覇したのではないかと思います。

 

そんな2人が大阪に行って海遊館に行かない訳がないじゃないか…!(行ってきました)

 

 

水族館で過ごす時間はあっという間で、お昼の13時から18時くらいまでいました。

楽しすぎますよね!!!

 

時間があっという間過ぎてしまいます。

 

そんなわたし達、水族館大好きすぎるああすけ夫婦がオススメする海遊館の絶対外せない見所をご紹介します。

私のスペシャルイラスト付きレポートと共にお送りします。

 

 

 

それでは早速行ってみよー!!

スポンサーリンク

ジンベエザメの餌やり

大きな水槽を中心として、展示されている海遊館。

それぞれの生物達の餌やりの時間が水槽の端っこに書いてあります。

 

特に見て欲しいのがメインの大水槽のジンベエザメの餌やりです。

 

あんなにでかい身体で何食べるの?って思うじゃないですか??思うでしょ??

 

 

なんとね、小さいオキアミ。

 

 

これを水と一緒に吸い込んで食べるんですよ。

ジンベイザメ写真

 

ジンベエザメ、思ったよりお口開けるんですね

 

 

で、

 

すごい勢いで吸い込みます。

 

 

吸い込んだ水は身体の横にある穴から濾し出すんだそうです。

小さいオキアミなので、ちょっと濾しきれなくて穴から出ちゃってるように見えました笑

 

 

中々の迫力なのでジンベイザメの餌やりは必ず見るべきですね!

ジンベエザメの絵

ずっと口開けてるグルクマの大群

ジンベイザメがいるのと同じ大水槽にいる魚の大群、グルクマです。

遠くから大水槽見ると、

グルクマ写真

なんか顔だけ光ってるやついるな?

 

 

近づいてみると…

 

 

口開けてる!!

大群で口開けてる!!

 

 

グルクマは口を大きく開けて、口の中のくしのような構造に餌が溜まったら口を都市で、飲み込むんだとか。

 

 

ジンベイザメのおこぼれも彼奴等としては嬉しいことですね。

グルクマ絵

前に進む?後ろに進むイカの動き

イカ写真

突然ですが、クイズです。

イカは頭方向、足方向、どちらに進むでしょうか??

 

 

 

 

正解は

 

両方向に進める!!

 

 

イカには水を出して進むウォータージェット的なのが付いています。

なんとこれ、
180度回転できる自由自在なウォータージェット。

 

進行方向と逆向きに水を出して進みます。

イカ絵

足の方に進むときは、足ピーン!

頭の方に進むときは、足ダラリ。

 

 

なんとなく小学生時代の水泳でやった”蹴伸び”を彷彿とさせる泳ぎ方です。

 

 

あと、イカの耳部分もゆらゆらしてみてるのを見てるだけですごく癒されます。

 

 

わたし達は結構な時間、イカを見つめてたっぷり癒されてきました。

海の生物達のアフターファイブは?

海遊館では17時以降、夜の明かりに切り替わり、夜の水族館の様子が観察できます。
昼の雰囲気と全然違って、とてもロマンチックな雰囲気に。

 

さて、海の動物達のアフターファイブの過ごし方はどうなっているんでしょうか?

アザラシ・アシカ

昼間は泳ぎまくってて、止まる様子のなかったアザラシ、アシカ達。

 

17時を過ぎたらどうなったでしょう?

アザラシ写真

こんな感じ。

 

 

寝てるーー!

アザラシ、アシカコーナーは結構外の明かりも差し込んでるのでこの時間はまだまだ明るいんですけどね!もうお休みタイムなんですね。

 

体内時計かな??お休みの時間なのかな??

 

 

休日の私達みたいでした

大水槽の魚たち

大水槽は夜の明かりになり、より幻想的な空間になりました。

 

 

さて、魚たちは?

沈む魚1

底に沈み始めました。

沈む魚2

こちらは集まって沈んでいます。

 

彼等はまぶたが無いので、寝てるのかどうか分かりませんけどもリラックスモードに突入したことは間違いないようです。

 

集まったり、乗っかったり、並んだりしてました。

 

 

 

17時以降のロマンティックな雰囲気を目的にデートなどをするのも良いと思いますが、昼間から来て、昼と夜の生物達の比較をするのも楽しいですよ。

海遊館

営業時間
10:00~20:00(※月によって異なる場合あり)

チケット
大人 2300円
子ども 1200円
幼児 600円
シニア 2000円

 

休日は込み合うので、ネットで事前にチケットを買っておいたほうがいいです。
チケット売り場で並ばずに済みます。

大阪にある世界最大級の水族館「海遊館」
海遊館では、大きなジンベエザメたちが悠々と泳ぐ巨大水槽や、自然を体感するエリアなどで、たくさんの感動に出会えます。ダイナミックな太平洋をめぐる旅へ出かけましょう!

▼海遊館公式サイト▼

大阪にある世界最大級の水族館「海遊館」
海遊館では、大きなジンベエザメたちが悠々と泳ぐ巨大水槽や、自然を体感するエリアなどで、たくさんの感動に出会えます。ダイナミックな太平洋をめぐる旅へ出かけましょう!

まとめ

海遊館の絶対外せない見所をご紹介してきました。

 

せっかく水族館に来たのに、なんとなく写真撮って過ぎてしまっている…となってしまっては勿体ない!

 

水族館はたくさんの発見、体験ができます。
ここに書ききれないほどの発見とか面白さもいっぱいあります。

 

是非、自分の目で見て、考えてみて、水族館を満喫してみてはどうでしょう?

 

そう、海遊館で。

 

▼難波で豚まん食べに行く人はこちら▼

大阪難波の豚まん3種食べ比べ!1番美味しい豚まん決定戦!
大阪難波には美味しいものがたくさん!今回はその中でも3軒の豚まんの食べ比べてみました。1番美味しい豚まんはどれだ?!どの豚まんを食べようかお悩みの方、必見。
ああすけ

11歳歳上夫と結婚生活を綴る年の差婚ブログを運営する妻。
結婚2 年目につきまだまだ綺麗な指輪(意味深)
資格:検査技師、栄養士
好きなもの:料理すること食べること、旅行、絵本、夫

ああすけをフォローする
旅・イベント旅行
スポンサーリンク
シェアする
ああすけをフォローする
ああすけ夫婦のゆるりごはん録

コメント