金沢の絶対外せない観光名所〜北陸新幹線で金沢・福井旅行②〜

旅・イベント

こんにちは。ああすけです。

蟹を食べに北陸新幹線に乗って金沢・福井の旅、前回は福井の絶対外せない観光名所をご紹介しました。

前回の記事を読んでいない人はこちら↓

福井の絶対外せない観光名所~北陸新幹線で金沢・福井旅行①~
蟹を食べに福井旅行が決定!でも他に何する?どこいく?そんなあなたに福井に行くなら絶対行くべし観光名所をご紹介します。

今回は金沢のおすすめ観光名所…と金沢グルメについてもご紹介します。

金沢グルメ、結構多岐にわたり美味しいグルメがありました。(今まで知らなかった…)
多岐に渡るからこそ、色々食べられて食事には飽きずに過ごせます。

まずは金沢に行ったら絶対行くべき観光ポイントお知らせします!

スポンサーリンク

金沢の絶対行くべし!観光名所

近江町市場

魚介類はもちろん、野菜や果物などが並ぶ市場です。かなり長く市場が続いていて平日の午後でも活気があり、その活気につられて心うきうき!

うにが店先ですぐに食べられるようになっていたり、いちごが種類ごとに食べ比べできるように串で売っていました。そのままを食べられるのは市場ならでは!

 

真ん中の商品はどうやって取るのだろう?と不思議になるくらい所狭しと野菜や果物が並べられていたり、

いつもスーパーでは少量で丁重に扱われるふぐや牡蠣がぎゅうぎゅうに詰められていたり、

 

普段では見かけない光景が沢山笑

 

海鮮丼屋さんも何軒もあって、刺身の大きさ重視か、種類重視か、値段重視か、これだけお店があれば選べます。どこもめっちゃ美味しそうです。

近江町市場の端に立ち食いおでん屋さんなんかもあって、高まった気持ちのままちょいと呑めるわけです。

 

最高か…

 

市場には珍しいものがいっぱいあって目移りしてしまいます。

いろんな色のにんじんや、

ながーく繋がったまま売ってるレンコン、

生食用の牡蠣、

天ぷらにして食べたい白子、

私の両手いっぱいくらいの大きさのカブ…

買って帰りたい品がいっぱいあったのですが、まだ旅の途中。ここで荷物をあまりに増やすのは得策ではないと夫に止められ、目で楽しんで参りました涙

兼六園

兼六園は日本三名園の一つで、大きな池を中心に歩いて楽しむ庭園です。見て楽しむ庭園もまたいいですが、歩き回ると季節がより感じられる気がします。

 

2月半ばですからね、雪が乗った白い兼六園が見られると思っていたのですが…

 

なんと

 

雪が降らなかった

 

兼六園に行った日は少し降ってたんですけど、白い木々が見られる程ではなかったですね…少し残念。

まぁ、お天気に恵まれた旅行だったので良かったのですけど。

なぜか池と橋の組み合わせって心惹かれてしまうんですよね。


根のところ、コダマがいそうな感じします。

兼六園の見どころ的にはやっぱり苔だと思います。凄く鮮やかな苔なんですよ。


苔の色って心が落ち着きますね。木の根に苔が生えてるのもまた良い。

 

私事ですが、私達は去年の梅の時期に入籍しました。

梅の香りを感じるたびに、

梅の鮮やかな色を見にするたびに

この時期に結婚を決めたんだなと毎年思い起こせるよう、入籍するタイミングを梅に合わせました。(なぜ梅なのかは諸々の丁度いい時期であったためですが)

兼六園でも梅がちらほら咲いていまして、ああ1年経ったね…と(私の思惑通り)2人で思いを巡らせました。

 

さて、次から待ちに待った金沢グルメをご紹介します。

金沢の絶対頂くべし!金沢グルメ

海の近いところですからお寿司は勿論なんですが、おでんやカレーなど思いもよらないグルメもあります。

 

金沢のグルメ恐るべし…。

 

お寿司

まず駅に降り立ってすぐ、お寿司が食べたい。どうやら金沢駅近くにめっちゃうまい回転寿司があるらしい…。

回転寿司でうまいってすごくないか?いざ行かん!

こちら、もりもり寿司
金沢駅前の金沢フォーラスのレストラン街にあります。まさかのショッピングモールのレストラン街!

人気のお寿司屋さんということで番号札をとる機械の周りには沢山の人、人、人…。

取り敢えずぶらりと歩きまわっては見たもののなかなか数は減らず…

 

止む無く、回転しない方のもりもり寿司(隣にある)に入りました。

こちらはそこまで混んでいなさそうです。

 

ここで食べたマグロが忘れられませんね…。

特にマグロは舌に乗せた瞬間、油が舌全体に染み出してくる感じでめちゃめちゃ柔らかい。

とろけるってこれか

舌が魚の油で幸せ。

お肉で言えば霜降り的な感じで油が均一に刺身全体にあって、染み出す油がご飯と合う。合うに決まってるよ。

あとは、のどぐろですね。

まさかこんなショッピングモールのレストラン街のところでこんなに美味しいお寿司が食べられるのなんて…!

 

金沢県民が羨ましすぎ。

 

因みに、このうまさに惚れた私達は追加でサーモン刺なども頼みました。

しかし、やはりご飯と一緒に食べたい欲が高まり金沢滞在中にお寿司をもう一度食べることを誓いました。

もりもり寿し 金沢駅前店 (北鉄金沢/回転寿司)
★★★☆☆3.69 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

海鮮丼

近江町市場で紹介したように、近江街市場には海鮮丼屋さんが沢山立ち並んでいます。

私達が頂いた海鮮丼は ひら井(本店)さん、まずは見てください。


海鮮、溢れとるー!!!

 

海鮮丼っていうと、どでかいどんぶりにご飯がこれでもかと詰まってて刺身とご飯のバランスが取れず最後の方、ご飯多めになってしまう…

という経験ないですか?

私は海鮮丼っていうと、少しそういうイメージが拭えずにいました。

 

 

ここの海鮮丼、その印象拭いさりました。

 

ご飯と刺身のバランスぴったりだったんですよ。

 

どんぶり自体の大きさは少し浅めのお皿なので、ご飯が多すぎるということはなく、また写真から分かるようにたっぷり溢れ出る刺身。これならバランスよく食べられる。

海鮮丼の食べ方なども教えてくれました。 それがまた良かったのかも。

ひら井 本店 (北鉄金沢/魚介料理・海鮮料理)
★★★☆☆3.46 ■予算(昼):¥2,000~¥2,999

金沢おでん

金沢おでんは家庭料理、というより居酒屋のつまみという感じです。
おでん具材もカニ面、バイ貝、赤巻き、車麩など、金沢ならではでな具材も!

お酒と共におでんを頂くスタイルを楽しみたかったので、夜の黒百合さんに行きました。

 

…が、めっちゃ並んでて断念。

 

次の日のランチはすぐ入れました。平日でも常連さんが多く、人気店の様子なので夜一杯傾けたい方は時間などを少しずらしたりした方がいいかもしれません。

カウンターで頂いた金沢おでんがこちら。

蟹好きとしてはカニ面は絶対食べたいと思っていたんですが、午前の分は終了したらしい…。残念。
赤巻きはナルトみたいな感じですね。ほかにシュウマイなんかもあって、どちらもおでんが染みてました。

 

カウンターのお席だったんですが、常連さんと観光客の雑談だったり、店員さんとお客さんの会話を楽しんだりしていました。

お互いここのお店だけの関係、同じ時間に同じ場所に居合わせただけの薄い関係であるのに、皆心開いて会話ん楽しんでいるようで、とても心地のいい空間でした。

こういうお店の常連さんになってみたいし、ゆくゆくはこういう雰囲気のお店が開けたらいいな…と将来の夢に思いを馳せたりしていました。

黒百合 (金沢/おでん)
★★★☆☆3.68 ■金沢おでんや、地元の山海の幸、地酒を気軽に味わえます ■予算(夜):¥2,000~¥2,999

まとめ

今回の金沢福井旅行は蟹を食べるなら行っちゃう?とノリで計画された旅行でしたが、永平寺で日々の生活を振り返り、市場で心躍り、兼六園で苔や池に癒され、梅を見て結婚1年を振り返ることのできた旅行となりました。

また、蟹を含め新鮮な魚介、金沢おでん、美味しいものもたくさんいただき、心もお腹も満足であります。

今回は食べませんでしたが、能登牛も食べたかったですね、また来年の蟹の時期に訪れたいと思います。
北陸新幹線に乗ってしまえば大宮から2時間半で着いちゃいますしね。

最後にまとめておきます。

絶対行くべし福井の観光名所
永平寺

東尋坊

絶対泊まるべしあわら温泉のお宿
あわら温泉 清風荘

絶対行くべし金沢の観光名所
近江町市場

兼六園

おまけ 金沢駅の思い出ピアノ

金沢駅の西口から入る地下通路に素敵な音楽が流れていました。

地下通路までクラシック音楽を流すなんて、なかなか粋なことしやがるぜ、金沢駅!と思っていたんですが、

 

…え?生演奏?

 

なんと地下通路にピアノが置いてあり、それを弾いている方がいました。

 

地下通路にピアノ…?ミスマッチ過ぎない…?


こちら、思い出ピアノといって小学校で使われていたお古なんです。地下通路を通る人が自由に弾いていいんです。

よく考えると、地下通路ってすごく音が響くし天井も低いから音楽のホールとしては最適かもしれない。

 

地下通路にピアノ持ってこようとアイディア出した人、天才過ぎない…?やばない…?

 

地下通路の入り口階段に差し掛かるタイミングで既にピアノの音が聞こえます。

 

普通に見るとなんともミスマッチな組み合わせだなと思いますが、よく考えると最高のステージではないですか?

本来、本当にこんなに響きが素敵な音楽ホールでたくさんの人を前に演奏できる人なんて一握りのピアニストだけではないでしょうか。でもここでは最高のステージで誰もがピアニストになれます。

私は残念ながら少しも弾ける曲がありませんでしたが、是非金沢に行ったら最高のステージでピアニストになって、音楽を響かせてほしいなと思います。

ああすけ

11歳歳上夫と結婚生活を綴る年の差婚ブログを運営する妻。
結婚2 年目につきまだまだ綺麗な指輪(意味深)
資格:検査技師、栄養士
好きなもの:料理すること食べること、旅行、絵本、夫

ああすけをフォローする
旅・イベント旅行
スポンサーリンク
シェアする
ああすけをフォローする
ああすけ夫婦のゆるりごはん録

コメント