休日にしっかり休めてる?休日の休み方~パジャマんまのすすめ~

ライフスタイル

こんにちは。ああすけです。

せっかくの休みなのに、外にも出ないで…と欝々と考えてしまって結局身体が(というより心が)休まらない。

 

今回はそんな人のために「パジャまんま」をおススメしたいと思います。

 

私はこれといった趣味がなく、休みの日をなんとなく手持無沙汰に携帯を触って無駄に過ごしてしまった感がありました。

 

でもパジャまんまDayを設けてからは無駄に過ごしたとは思わなくなりました。
もし、心がしっかり休めていない方がいましたらパジャまんまをおすすめします。

スポンサーリンク

休み方はパジャマんまから学ぶ パジャまんまとは何か?

そもそも”パジャまんま”とは何か?

◆◆ともだちからともだちへ / アンソニー・フランス/さく ティファニー・ビーク/え 木坂涼/やく / 理論社

絵本「ともだちからともだちへ アンソニー・フランス作 木坂 涼訳」に出てきます。

”パジャまんま”というのは、かおも あらわず、
ひげの ていれもせず パジャマを きたまんま
いちにいじゅう ぼんやり していることをいいます。

この文章を見て、どう思いましたか?

 

率直にいうと、私は

 

仕事行かなくて何もしなくていいの?…めっちゃいいじゃん!

 

と思いました。できるなら仕事に行かずに何もしたくない。毎日パジャまんまでもいい!

 

…あれ?パジャまんましたい?

いざ、休みの日になってなんとなくだらだらするとなんだか勿体なく感じるのに、パジャまんまをしたくなる…。

 

その矛盾はどこから来るのか?

 

 

その答えは
“せっかくの休みなのに何もしない”というマイナスな考えが潜在的にあるから。

せっかくの休みの日なんだから、どこかでかければいいじゃないか。誰かと遊びに行けばいいじゃないか。と休みの本来あるべき姿と比較して、それなのに私は何の予定もないし何もしなかった。という考えに至ってしまう。

 

そもそも仕事をして疲れて、体と心を休ませる日は必要です。
どちらかというと、本来の姿は休ませる日な気もします。

 

でも、予定がないとなんとなくだらだらして時間が過ぎてしまう。

 

ならば…予定としてパジャまんまDayを入れればいいのでは?
そして思いっきりパジャまんますればいいのでは?

 

私たち夫婦はこの考えに至り、”パジャまんま”をプラスの気持ちで捉え、「何もしなくていいし、何もやる気を出さないことを目的とする者」としてパジャまんまDayを設けることにしました。

 

まず、2人が予定が会う時に決めます!
「この日はパジャまんまになろう!」

そう、立派な予定です。いざ、パジャまんまDay!

point予定としてパジャまんまDayをつくる

 

パジャまんまに学ぶ 思いっきり休める休み方

パジャまんまの手順
①近くのコンビニに行って、お菓子とかお酒とかご飯とか、パジャまんまDayの品を買い占めます。(事前に準備しておくと朝起きてからずっとパジャマでいられます。)
食べたかったスイーツ、カップ麺、我慢しないこと!

②パジャマに着替えます

③思いっきりだらだらします!
やることは食べること、ゲームすること、酒を飲むこと、寝ること、携帯をいじること、本読むこと…だけ!

できれば読みたかった本、やりたかったゲーム、少しお高くて我慢してたデザートなど、日頃我慢してたけど試してみたかったものも含め準備を整えておくと、有意義なパジャまんまDayが過ごせます。

pointパジャまんまDayは事前準備しておくと、スムーズで有意義に過ごせます

 

パジャまんまDayですから気合い・やる気を出してはいけません。我慢も良しとしません。

 

そうなると、美味しいお酒など開けてしまう訳です。うまおつまみ欲しい…。

気合い無しで出来そうな、でもうまいお酒に劣らないうまおつまみ載せておきます。

焼きねぎ 味噌ディップ添え

材料
ねぎ 2本
味噌 大さじ2
クリームチーズ 50g
ペースト状にしたい場合は水or酒 大さじ1

作り方
①クリームチーズを少しレンジ温めて柔らかくします。
②味噌と酒or水を加えて練ります
③ねぎは3cm長さ程度に切り、フライパンで焦げ目がつくまでコロコロ焼きます。

パジャまんまとしてはねぎはキッチンバサミを利用するとさらにgood!
たっぷり味噌ディップつけてください!

ねぎの辛味と香ばしさ、そこに味噌ディップがからんで酒がすすむ、すすむ。
パジャまんまとして、称賛されるべき服装・態度。申し分ありません。

 

今日の私は、なんて優秀なパジャまんまなんだろう…!

 

結局のところ、やっていることは何も変わっていないかもしれません。

 

問題は考え方です。

”せっかく休みの日なのに”と一般的には捉えられるのかもしれませんが、あなたにとっての有意義な休みの日は異なります。

 

そして、絵本に出てくるようにパジャまんまをマイナスなマインドで捉えて過ごすのも、プラスのマインドで捉えて称賛すべきパジャまんまとして過ごすのも同じ”休みの日”に他なりません。

 

それでは、良きパジャまんまDayを!

絵本「ともだちからともだちへ」

最後になりましたが、「ともだちからともだちへ」のご紹介です。

 

パジャまんまのクマネズミがたいせつなおともだちからお手紙をもらいますが、差出人が書いてありません。
パジャマを脱いでお手紙を書いてくれたお友達を探しに行く中で、自分のたいせつなともだちの存在を思い出します。
そして、今度はクマネズミがパジャまんまのともだちを助けます。

 

心の優しいクマネズミのおともだちから、クマネズミ、そしてクマネズミのともだちへ「ともだち思い」が連鎖する優しいお話しです。

 

クマネズミがパジャまんまの時から、外に出るときの表情の違いや部屋の様子など心の変化が細かく描かれていますので、注目してみてください。

 

誰かに大切なひとに読んでほしい1冊です。

◆◆ともだちからともだちへ / アンソニー・フランス/さく ティファニー・ビーク/え 木坂涼/やく / 理論社

ああすけ

11歳歳上夫と結婚生活を綴る年の差婚ブログを運営する妻。
結婚2 年目につきまだまだ綺麗な指輪(意味深)
資格:検査技師、栄養士
好きなもの:料理すること食べること、旅行、絵本、夫

ああすけをフォローする
ライフスタイルレシピ
スポンサーリンク
シェアする
ああすけをフォローする
ああすけ夫婦のゆるりごはん録

コメント