人生のライフデザインをしよう!※「ライフデザイン スタンフォード式最高の人生設計」を実践してみた

ライフ

こんにちは。ああすけです。

 

その日は紅かい空が広がっていました。

 

この紅い美しい夕焼けを見た人はどのくらいいたでしょうか。

 

(美しい紅い夕焼け)

 

実は私もずっと足を止めて眺めいたわけでありせん。

 

写真を撮って、多分眺めていたのは5秒くらいだと思います。
少し立ち止まって、またすぐ目的地へ向かってさくさくと歩き始めました。

 

夕焼けを、背にして。

 

スポンサーリンク

私の人生、本当にこれでいいの?

今やっている仕事もそれほど嫌いじゃないけれど、

私の人生本当のれでいいの?!

朝から仕事に行って、
特にやりがいも感じない仕事をして、
帰ってくるのは夜。

夕飯だけ大好きな夫としか過ごせず、
明日になればまた仕事に行きます。

 

綺麗な夕暮れをじっくり見る時間さえも惜しく感じて、本当に私の人生はこれでいいんでしょうか?

もっと大切にしたい時間があるのに、その時間がとれず、日々の生活にトキメキを感じずに生きていくのでしょうか?

 

自分が熱中すことを見つける

より良い人生にするには自分がやりたいと思っていることを実現できるかどうか、そのための時間がとれるかが大きなカギになってくると思います。

 

そこで、まずは自分が熱中してできることを見つけねければいけません。
なので、私は“グッドタイム日誌”という自分の記録をすることから始めました。

 

グッドタイム日誌とは、何か作業をしたときに熱中度はどうであったか?感情はポジティブに働いたかネガティブに働いたかを記録していくものです。

 

この日誌で自分が過ごしたい時間は何か、嫌だと思うことは何か知ることができます。
そして、それを道しるべに今後の人生を考え、ライフデザインすることを目的としています。

 

 

「仕事が嫌」というのはトータルの評価ですが、何がどう嫌なのか、どんな仕事なら集中出来るのか、付けてみないと具体的に細かいことは意外と分かりません。

 

 

実は私もまだ始めて1週間程度ですが、

 

・顕微鏡検査の時は自分が見るだけでなく、後輩に教える時は熱中して出来る

・時間のかかる事務処理はすごくやりたくなくて熱中出来ない

 

ということが分かってきました。

 

 

そして、私は仕事以外でも仕事にできる事があるかもと思ってプライベートの時間も記録をつけることにしました。

 

より良い人生を送るために人生(LIFE)をデザインする

時間は限られているのに”生きるために”嫌と思いながら毎日を過ごすほど時間はたくさんあるわけではないと思います。

 

このままでいいでしょうか?本当に?

 

消耗している活動ばかりでは人生に疲労してしまって、肝心の大切にしたい時間が取れなくなってしまいます。
消耗している活動があるのであれば、エネルギーを蓄える活動が必要です。

 

 

そして、エネルギーが湧くような仕事をし、大切にしたいことに時間を費やすことが出来ればライフデザインに成功したと言えるでしょう。

 

 

これから私はこの3週間で何を見つけていくんでしょう。
どんな明日をデザイン出来るでしょう。
1度しかない人生を大切にしたい時間で過ごせるようなライフデザインが出来たらいいなと思っています。

 

 

あなたも大切にしたい時間を見つけて、それを楽しめる生活を見つけてみませんか?

 

 

ライフデザイン スタンフォード式最高の人生設計

この記事で紹介さされている本
ライフデザイン スタンフォード式最高の人生設計

仕事にあまりやりがいを感じない、つまらないと思いながら人生の大半を過ごすのはあまりに勿体ない。

 

ある日、ふと通勤電車の中で思いました。

一度そう思うと、ふつふつと事あるごとに思い始めてしまいます。

 

 

そんなある日、

 

自分の人生を考えてみよう。

 

と、思い立ちました。ちゃんと考えたのは大学の進路を決めた18歳以来です。

 

「本当は今の仕事でも好きなところがあるかもしれない。もしくはもっとやりたいことがあるかもしれない。」

 

そんな思いで、この本を手に取りました。私もまだ実践中の段階なのでライフデザイン出来ていませんが、これから出来るライフデザインを楽しみにいしています。

 

ああすけ

11歳歳上夫と結婚生活を綴る年の差婚ブログを運営する妻。
結婚2 年目につきまだまだ綺麗な指輪(意味深)
資格:検査技師、栄養士
好きなもの:料理すること食べること、旅行、絵本、夫

ああすけをフォローする
ライフ ライフスタイル
スポンサーリンク
シェアする
ああすけをフォローする
ああすけ夫婦のゆるりごはん録

コメント